石屋 幸児の日記

いい墓地・いい墓石に関する情報、石に関する知識、
イベント開催の情報など、三代目山田幸児が日々綴っていきます。

これがプロのクリーニング!

【クリーニング前】

resized_01-2 resized_02-2

【クリーニング後】

resized_01 2 resized_03-1

2018年5月8日

もうすぐお盆です(富山 石材店)

後もうすぐでお盆ですね。

お盆は仏様をお迎えしお浄土へと皆様が送り届ける大切な日です。

仏様が気持ちよく帰って来られるようお墓のメンテナンスはもうお済みでしょうか?

お盆前に是非、時間を作りお墓に行って頂きお墓掃除や花立、ロウソク立て、線香立てなど破損箇所がないかチェックして頂く事をお勧めいたします。

弊社では花立、ロウソク立て、線香立てなどの修理またはお墓掃除代行も承っております。

お値段などご質問がありましたらお気軽にメッセージをどうぞ!


http://yamada148.jp/oteire/cleaning/

2017年7月25日

お墓のクリーニング

4月はお墓のクリーニングのご依頼をとても多く頂いておいます。

年度の初めはお墓を綺麗にして新たな気持ちで仕事も家庭もそれぞれの目標に向かって挑んで行きたいお客様のお気持ちの現れですね。

【お墓クリンーング前】

resized_04

 

 

 

 

 

 

 

 

【お墓クリーニング後】

resized_08

 

 

 

 

 

 

 

 

事業が上手くいっておられる方はご先祖様を大切にされておられる方がとても多いですね

2017年4月19日

どうしてお墓やお仏壇にロウソクを供えるの?

pixta_2692783_MS
毎日お仏壇に手を合わせる時や、お墓参りの際につけるロウソクについて詳しくご存知ですか?
身近な道具なのに、どうして仏事の際に使用するのか理由を知っている方は少ないです。
そこで今回は、意味を知って灯りをともしたいロウソクについてご紹介します。


ロウソクは古くから儀式に使われてきた

ロウソクの歴史は非常に古く、日本では天照大神を祀る太陽信仰のころから使われてきました。
今となっては、世界中で電気が普及し夜になっても明かりに困ることなく私たちは活動を続けることができます。
しかし、電気のない時代はロウソクが暗闇を明るく照らしてくれる存在として、丁重に扱われており寺院や宮殿などで儀式に使用されてきたのです。
その当時から、ロウソクの暗闇を明るく照らす力は邪気を払い除けるものとして、周囲を浄化して幸運を呼ぶ力があると信じられていました。

どうしてロウソクを供養に使うの?

ロウソクをお仏壇に供えたりお墓参りの際に使ったりするのは、以下の理由が挙げられます。

・不浄なものを祓って清めるため

そもそも仏教では、「火」を神聖な存在として扱ってきました。
ロウソクの灯りには、火によって周囲の不浄を浄める目的と、お墓やお仏壇の周りを明るく照らすことで煩悩の闇に光を当てる目的の2つがあります。

・ご先祖様との架け橋として

ロウソクの灯りには、ご先祖様と現世に生きている私たちを結ぶための役割も担っています。
お盆やお彼岸の時期に、迎え火を焚くのはご先祖様が道に迷わず、スムーズに現世に帰ってこられるよう場所を教えるためのもの。
また、お墓参りの際にロウソクを点けるのは不浄を祓うだけでなく、お参りに来た方々の顔を明るく照らし、ご先祖様に姿をよく見せるためでもあります。

何気なく蝋燭を点けるのではなく意味を理解して供養をしたいものです。

2017年1月19日

お墓は何のためにあるのでしょうか?

富山県に多い浄土真宗のご住職からのお言葉です。

ご先祖にお供えをして、いいことをさしむけようとするところでしょうか?それともただのお骨の捨て場?私たち現代人は、遺骨やお墓にとらわれて迷信に振り回されたり、反対にモノのように粗末に扱ったりと対応は様々です。
ところで、真宗のお墓の正面には、家名でなく「南無阿弥陀仏」または「倶会一処」と刻んであるのをご存知ですか?浄土真宗ではお墓の有無にとらわれず、亡き人と今を生きる私たちが連帯することに最も大切な意味があると考えるからです。
亡き人との連帯は、死はすべての終わりではなく、新たな始まりであることを教えてくれるに違いありません。

2017年1月12日